オーダー枕なのに失敗した!

 

こんなお悩みでオーダーメイド枕を検討していませんか?

肩こりや首こりに悩んでいる…
自分だけの枕を作れるって聞いたから…
自分に合う枕が見つからなかった…

オーダー枕は自分の形にあっているから間違いなくフィットする!オーダーメイドだから大丈夫!
とは限りません。

今回は、オーダーメイド枕の落とし穴について、失敗しないおすすめの選び方をお教えします。

オーダーメイド枕でありがちな失敗

逆に首、肩がこるようになった…
寝つけなくなった…

なぜ失敗してしまうのか?

計測法の違い

オーダー枕の計測法というと、専用の計測器具で頚椎部を測る方法が一般的です。
しかし、これはあくまで仰向け時の高さを測っているだけのもので、仰向けだけ考慮した計測です。

オーダーメイド枕を購入する際の注意

プロのアドバイザーにしっかりと意見を聞く。
口コミで評判がいいから買おうというのは、オーダーメイド枕においては参考になりません。
オーダー枕は一人ひとりに合わせて作るので、個人差はもちろんでます。

口コミで決めるのではなく、プロのアドバイザーのいる店舗で購入しましょう。
オーダー枕を販売している店舗には、基本的にはプロのアドバイザーがいます。

首、肩コリやストレートネック、腰痛持ちだったり、不眠症など…
このような症状をお持ちの方はアドバイザーにしっかりと自身の状態を伝え、
しっかりとアドバイスをもらうことが大切です。

自分好みの枕を作らない

大半のオーダーメイド枕販売店では、様々な素材の中から選び、お客様自信にカスタマイズさせる方法が一般的です。

自分好みの素材でカスタマイズできるのは魅力ですが、
中に入れる素材によっては意味のないものになってしまっているかもしれません。
自分好みではなく、店の一番のおすすめ素材をアドバイスしてもらうのが無難でしょう。

失敗しないオーダーメイド枕選び

流動性が高く通気性の良い素材を選ぶ

睡眠中は頭部や首が蒸れやすいため、通気性の悪い枕を使うことは寝心地に影響してしまいます。
そのため、通気性の良い素材を選ぶことが大切です。

快眠と寝返りはとても深い関わりがあります。
寝返りをしても頭が落ちずに、頭の位置からずれない、大きいサイズのものがおすすめです。

また、全ての寝姿勢を支える形状がおすすめです。