敷ふとんの重要性

 

まっすぐ立ったとき、人間の背骨はなだらかなS字型を描いています。

この形を睡眠中も保持する「正しい寝姿勢の保持」が敷きふとんの役割です。

そのため、中芯に特殊構造の固わたをはさみこんである硬めの敷きふとんが主流となっています。

ただし、硬いだけの敷きふとんは、腰部等からだの一部を圧迫することが多いため、寝心地の良いものではなく、眠りが浅くなる場合もあります。

そこで、第二の役割として「体圧分散」が重要になります。からだのあたる表面はやわらかく、かつ、寝姿勢の保持が求められます。

マットレスが与える影響

マットレスには腰への負担を軽減させるものや、寝返りを打ちやすくさせたりする役割があります。

自分の身体に合わないマットレスを使用していると、寝返りが打ちづらいなどの理由から深い睡眠が得られなくなります。

寝返りの重要性の記事はコチラから

寝姿勢を保つ敷布団

朝起きたときに寝たときとほぼ同じ姿勢の方は、仰向けに寝たときの背骨のラインにフィットする柔軟性のある敷布団を選ぶと良いでしょう。

体のラインにフィットする敷布団は適度な体圧分散ができるので、一定の姿勢で寝ても腰にだけ負担がかかることがありません。
逆に、硬い敷布団で寝ると腰が浮いて負担がかかってしまいます。

体圧分散で腰をサポートする敷布団といっても色々な種類ががあるので、何を選んだら良いかわからないものです。
こんな時は専門店のスタッフにアドバイスを参考にしてみましょう。