ブルーライトと眠りとの関係

 

パソコンやスマートフォンの普及に伴い、それらの液晶画面から発せられる“ブルーライト”といわれる青い光が眼精疲労やドライアイ、視力低下を引き起こすなどと言われております。

さらに、近年では眠りとの関係が話題になっています。

ブルーライトを浴びるデメリット

寝付きが悪くなる

ブルーライトには、眠りを促す睡眠ホルモンの生成を抑制する働きがあります。

就寝前に多くのブルーライトを浴びると、眠気が起こりにくくなります。
また、自律神経「交感神経」を優位にしてしまう働きもあるため、休息を司る「副交感神経」が優位な状態になりにくく、リラックスできずスムーズに眠れなくなります。

頭痛、耳鳴りなどの不調が起こる

ブルーライトを多く発するスマートフォンやパソコンのディスプレイを長時間見ることにより、目に過剰な刺激を受け続けると、眼精疲労が起こります。

眼精疲労は頭痛や耳鳴り、めまい、吐き気などの症状を誘発することがあり、常態化すると頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気のうち2、3種類の症状が同時に現れることもあります。

ブルーライトはデメリットばかりではない

ところがブルーライトは、太陽の光の中にも含まれる、紫外線に近い光であるため、一日を通してみるとけっして有害な“悪者”というわけではないようです。
睡眠ホルモンを抑制する作用がある

ブルーライトは人が眠たくなるホルモン「メラトニン」の分泌を抑制し、目を覚まさせる力を持っているため、集中力が必要な場面には有効だとされています。

そのため、眠ろうと思っている時にブルーライトを目にするのは逆効果、という話になります。

当然ですが、時間の際限なくテレビやスマートフォンの画面を凝視し続けないことで、睡眠への悪影響を避けることができると考えられます。

特に寝る前には要注意。

目が冴えてしまって、なかなか眠りにつけなくなってしまいます。

仕事の関係上、どうしても必要な場合、液晶画面のバックライトの明るさを弱めたり、背景色を白や青ではない、暗めの色を選定するだけでも、影響度が違ってくるようです。

ブルーライトは現在の世の中にはなくてはならない光であり、健康のためにすべてをカットする必要はありませんが、上手につきあうことで質の良い睡眠を取るように心がけましょう。