イライラして寝たいのに眠れない

 

イライラして眠れない事ありませんか?

多くの方が体験していることではないでしょうか。

今回は、ストレスを和らげ、良い睡眠を得るためのおすすめノウハウを紹介します。

ストレスは不眠につながる

多くの場合、イライラの元はストレスです。

ストレスは仕事やプライベート様々な場面で感じてしまうものです。

このストレスが不眠を誘発し、不眠がうつ病などの精神疾患につながる危険性があります。

よりよい睡眠をとるためにできること

ストレス対処法を身に付け、質の良い睡眠を手に入れることが大事です。

不眠がストレスとなって、ますます眠れなくなるということ無い様に、眠れる環境作りをすることです。

生活リズムを整える

健康な生活を維持するための理想的な生活のリズムを作り出しましょう。

言葉で言うのは簡単ですが、残業があったり、人間関係のお付き合いなど、現実生活では、なかなか理想通りにはいかないものです。

人間の体内時計に沿った規則正しい生活に立ち戻るように心がけることが、不眠に限らず健康であるための基本原則です。

睡眠環境を整える

ストレスには睡眠がなによりの薬です。

寝る環境が整えることは、よい睡眠をとるための一つの知恵です。

寝るときはできるだけ音や光をシャットアウトし、窓を2重にしたり厚めのカーテンを使用するのもいいでしょう。

寝る前の一服、深酒は控える

バコに含まれるニコチンはカフェインよりも強い興奮剤といわれます。

ニコチンは、「興奮作用」と「鎮静作用」の2つを合わせ持っていて、質の良い睡眠にとって、興奮作用の影響が大きく、寝る前の一服は、控えたほうがよいでしょう。

また、お酒に関しても、飲酒約3時間後にアセトアルデヒドという毒素に分解され、このとき自律神経の中でアクセルの役割を担う交感神経が刺激され、体温や脈拍が上昇し、夜中に目が覚めてしまいます。

日ごろのストレス対処方法

物事をネガティブにとらえすぎない考え方をする

理論的には、ストレスを解消できれば、不眠はなおります。

眠れなくてイライラする人は、「体を休めるためには少なくとも7時間以上眠らなければならない」ということに縛られていると考えることができます。

この考えを「眠くなった時に寝るのがいちばん」というふうにかえてみるのはどうでしょう。

意外と肩の荷が降りて、リラックスできるかもしれません。

考え方やものの見方を変えることによって、ストレスが軽減することは珍しくありません。

自分なりのストレス発散の方法を見つける

人によってストレス発散方法があるものです。

カラオケに行って歌う、スポーツで汗を流す、など気分がせいせいするという人がいます。

ストレス発散の方法は、人それぞれで、大切なことは、自分流のストレス発散の手段を身に付けるということです。