枕の中身の素材

それぞれの枕の素材の特徴があり、自分にあった物を探すのって大変です。オーダー枕は毎日使うもので、質のよい睡眠や体調に直接関わってくるので適当に選ぶわけにもいきません。
枕の高さや形なども、寝心地、睡眠に関わってきますが、枕の「中身の素材」もとても重要です。

枕の素材選びのポイント

枕の硬さ・柔らかさは、中素材によって異なります。
男性は硬め、女性は柔らかめを好む傾向があるようです。

硬い枕が好きな方は、パイプ、そばがら、ひのき素材など
柔らかめの枕が好きな方は、ポリエステルわた、羽根・フェザー、低反発ウレタンがおすすめになります。

一般的によく使われる枕の素材について、簡単に紹介したいと思います。

低反発ウレタンフォーム

手で押し付けると、手のひらの形が残るような低い反発力をもつのが特徴です。

低反発枕はまるでオーダーメイドのように、ウレタン自体が頭の形や重量に合わせてくれるという魅力があり、包み込むよう吸収してくれるため負担をかけずに眠る事が出来るのです。

しかし、安価な目の粗いものは、寒くなると硬くなり、夏場は軟らかくなりすぎるというマイナスな特徴があります。

詳細はこちら→人気のウレタン低反発枕の魅力と素材の特徴

パイプ素材

恐らく最も無難な素材かと思います。

通気性に優れ、害虫の発生が起こりにくく、洗濯も可能なので、衛生的で寿命も長く使いやすいのが特徴です。

デメリットは、合成樹脂でできているパイプストローには、吸湿性がありません。睡眠中にかいた汗を吸収してくれないため、汗は枕カバーのみで吸収することとなります。

また、ゴツゴツした感じが苦手な方や、音に敏感な人や寝つきが悪い人にとっては使いにくいかもしれません。

詳細はこちら→パイプ枕の魅力と素材の特徴

わた素材

クッション性、ボリューム感があり、軽量でウレタンなどのフォーム素材のように季節ごとの温度差で枕の硬さが変わることもありません。

柔らかめの枕が好みの方におすすめです。

デメリットは使用しているうちに、弾力性が失われ、ボリューム感がなくなり寿命は早めです。
またホコリなども溜まりやすい素材です。

詳細はこちら→わた枕の魅力と素材の特徴

そば殻素材

古くから使用されている素材で、熱がこもらず、耳あたりが良いため、横向きに寝ても痛くならないのが特徴で、比較的硬めの枕が好みの方におすすめです。

吸湿性にも長けていて、水分をしっかり吸収してくれる上に、使用していない間に水分を外部へ放出してくれているという特徴もあります。

デメリット(欠点)は、ジャリジャリと音が不快になる方もいるかもしれません。

基本的には洗えないこと、虫が湧く、そばアレルギーの人はもちろん使えないという点です。

詳細はこちら→有名人も愛用する!そば殻枕のメリットとデメリット

羽根素材

羽根(フェザー)素材は、アヒルやガチョウなどの水鳥の羽根から採取した素材で、通気性が良いため、他の素材に比べ蒸れにくいです。保温性、吸湿・発散性に優れているのが特徴です。

デメリットは、ヘタリやすく、枕の隙間から羽毛が出てしまうことがあります。
質の悪い羽毛枕だと水鳥のニオイが摂り切れていない場合もあります。

丸洗いができないものも多いです。

極小ビーズ素材

ビーズは、フィット感に優れ、独特の触り心地を持った素材で、柔軟性があります。他の素材には無い、独特な柔らかさが特徴。

デメリットは、熱がこもりやすく、衛生的にも良くありません。安定感がないと感じる方もいます。

また、柔軟性・流動性に優れた素材であるため、生地への負担が増えることもあります。

寿命は1年~5年程度。買い替えの目安は、ビーズを覆っている生地が伸びて形を形成できなくなった時、また、ビーズがつぶれた時などで、ビーズ自体は、寿命が来たからといって、使い心地が悪くなるということはありません。